中央本線画廊

<場所について>

「現代美術」と「デザイン&クラフト」の企画展を行う飲み屋併設の画廊です。

東京の西荻窪駅北口徒歩6分のところにあります。

 

<企画について>

この画廊ではジャンルに分けされた3つの企画があります。

 

1)画廊酒場企画(現代美術)

飲み屋併設のギャラリーです。

実験的な展示ができる場所の必要性を感じ始めた画廊です。

美術を志す者や美術愛がある若者達が集まる交流の場です。

展示を見ながら飲むスタイル。(画廊と酒場が合体しています)一杯250円からと安い。

そこに展示された作品は東京で最も実験的な作品であり、

美術家はもちろん、コレクターや美大生も交え夜な夜な安い酒を飲み交わし、

新しい美術シーンをつくりだします。

 

2)Life Stuff企画(デザイン&クラフト)

デザイン&クラフト作家による企画展。

作家の生活や思想を深掘りした結果となる展示を目指します。

 

Life (ライフ)=生活、Stuff(スタッフ)=その周りのもの。

つまり、生活で身の周りにあるそれぞれのものを意味します。

表面的におしゃれとされているものが作れても、その奥にある哲学や思想がないと、

時代に消費されるだけになってしまうし、なにより作っているものが不毛だと感じます。

重要なのは、まず作者自身がどう作品と向き合い、感じ、

生活の一部としていくことではないでしょうか。

Life Stuffでは、今まで作品制作をしてきた作家が、自らの価値観を提示する場です。

生活や思想と向き合った結果を展示空間で表現をします。

 

3)貸し画廊企画

なにも企画がないときに、画廊レンタルも行っています。

ここは昔タバコ屋さんだったところを改装した建物です。

ボロ屋好きが高じて、古いところは残し、作り変えるところに手を入れた建物です。

高級素材は使わず、無理なく、大工の知恵を使って改造しました。

私たちのようにこの場所が気に入った人や、中央本線画廊のコンセプトが面白いと思う人、

表現をしたいけれど場所がない人、なにか企画したいけれど、とやかく言われたくない人に

是非利用いただければと思います。

 

場所代:¥18,000/1日

利用可能用途:展示、ワークショップ、カフェ