中村紗千 個展『怪獣と迷宮』

この度、中央本線画廊では中村紗千 個展『怪獣と迷宮』を開催いたします。


中村紗千 個展『怪獣と迷宮』

会期:2017年6月17日(土) – 6月25日(日)
※土日のみ開廊(6/17・6/18・6/24・6/25)

開廊時間:15:00-20:00
会場:中央本線画廊(東京都杉並区上荻4-6-6)


「怪獣と迷宮ステートメントにかえて」中村紗千
私は2016年の秋頃から「怪獣」をモチーフとした平面作品を制作している。
どうして他でもない「怪獣」を描くことによってどうしたいのか、なぜそうする必要があるのかについて、まだはっきりとしたことをここに書き記すことはできない。
その代わりに、私にとって怪獣がどんな存在であるかについて書いてみたい。

まず一般的に、「怪獣」とは実在しない生物のことを指す。
あるひとつの、あるいは複数の動物や植物やその他の事物の、ビジュアルや機能を併せ持たせて、人間がつくりだした想像上の生き物のことだ。
彼らはしばしば脅威の存在として、あるいは自分だけの不思議で親密な存在として、物語の中で描かれてきた。
ところで誰にでも、「怪獣」と言われて無意識のうちに一番に浮かぶ像があるとおもう。
かくいう私にも「怪獣」と聞いて連想するものを遡ると、ひとつ思い当たるものがある。
それは、NHK教育テレビで放映されている人形劇「ざわざわ森のがんこちゃん」のキャラクターデザインなどで有名な、武田美穂による絵本、「となりのせきのますだくん」である。
この絵本の主人公は小学生の女の子で、クラスで隣の席のいじわるな男の子「ますだくん」のことが苦手だ。毎朝重い足取りで学校に通い、憂鬱な日々を送っている。絵本の中で「ますだくん」は、身体の大きな怪獣として描かれる。しかし実はこのますだくんは本当はそう悪いやつではなく、主人公と仲良くなりたい気持ちが裏返しとなって本人の嫌がることをやってしまっていたのだ。そんなある日、ひとつの出来事をきっかけにこの主人公もますだくんのことを、受け入れ難くも少しずつ理解し始める、というのが大まかなあらすじである。
いかにも小学生の男女によくあるやりとりを、女の子の視点から、男の子の姿を怪獣に重ねることによって描いた作品だ。ますだくんを怪獣に変形させることによって、主人公の彼に対する不可解さや、心理的な距離感も表している(最後の1ページでますだくんは人間の姿をしている)。
たしかに私も実際に小学生の頃に似たような経験をした覚えはあるし、私の絵に出て来るトカゲのような怪獣のイメージは恐らくここから来ているのではないかと思う。ただここで念のために言っておくのだが、私は怪獣を、コワい異性の姿として描いている訳では勿論ない。
私たちは、恐ろしくもどこか親しみをもち、敵に見えるが悪者とは決めつけがたく、味方のようだが仲間には思えない存在に対して、ときに「怪獣」の姿を重ねる。「怪獣」はその性質のために、共に心地よく過ごしていると思っていても、私たちにしばしば居心地の悪さを与える。私たちは彼らを、時に応じてすすんで歓迎し、はたまた場合によっては翻って駆逐する。
「怪獣」とはそのような、常に判断保留を強いられる、流動的なモザイク状のかたまりのことである。
言葉足らずではあるが、私は美術をしていく上で、この不可思議な「怪獣」について考えることが重要であると言いたい。
怪獣たちの流れる運動の痕跡を分析したい。
今はまだ、どんなにピンチアウトしても行き止まる色んな「怪獣」たちの、うごめく場景を描くことによってその手がかりを明らかにしたい。


中村紗千 Sachi Nakamura
2017 広島市立大学芸術学部美術学科油画専攻 卒業
2016 ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校二期